大阪テニスファンクラブ 〜草トー・大会の参加者レベルレポート〜

関西(大阪)で行われるテニス大会・草トーなどの参加レベルなどの情報をお伝えします。

大阪でのテニスコートレンタルには必須! オーパス登録方法!

 こんにちは、OTFC管理人です。

 先日より、テニスコートのレンタル情報について更新しています。

 ↑これら過去記事に記載の通り、テニスコートをレンタルする場合、民間会社が運営するテニスコートであれば、特別な事前登録の必要がない、あるいは登録の必要があっても即日orインターネットで完結するなど簡単です。

 ところが、公営コートをレンタルする場合は、各自治体により事前登録が必要となるケースが多いです。そして、この事前登録は結構面倒でややこしいです。

 しかしながら、民間コートよりも圧倒的に安価でレンタルできる公営コートのメリットは、ぜひ活用したいところ。

 

 そこで今回は、大阪府下の多くの市町村のテニスコート等運動施設を一括管理する【オーパス・スポーツ施設情報システム】の登録方法をご紹介します。

 なお、オーパスに登録すれば、その自治体が管理するテニスコート以外の運動施設も利用することができるようになります。野球場や運動場、体育館など様々な施設がありますので、テニス以外の目的で申請を出そうと思っておられる方もどうぞ以下をご覧になってください。

スポンサードリンク

 

そもそもオーパスって何だ?

 オーパスとは、大阪府と、府下の市町村がスポーツ施設の管理・運営に活用しているシステムのことです。基本的に、オーパスを活用している市町村が運営しているスポーツ施設は、このオーパスから予約しなければレンタルすることができません。

 現在、大阪府下でオーパスを活用している市町村は、

・大阪府   ・豊中市

・茨木市   ・寝屋川市

・堺市    ・高石市

・大阪狭山市 ・熊取町

・岸和田市  ・池田市

・東大阪市  ・吹田市

・和泉市   ・高槻市

・河内長野市 ・大阪市

・富田林市  ・河南町

・太子町   ・千早赤阪村

になります。

 大切なことは、たとえ大阪府のオーパスに登録しているからといって、府下の他の市町村のオーパスも利用できるわけではないということです。大阪府のオーパスでは、大阪府が管理している施設のみ。各市町村のオーパスでは、各市町村が管理している施設のみがレンタル対象となります。

 

オーパスにはどうやって登録するの?

 ここでは、私がオーパス登録した大阪市のケースで解説します。登録自体は各自治体同じような形になると思いますが、詳しくは各自治体のオーパスサイトをご確認ください。

 まず、大阪市のオーパスサイトを検索してみましょう。

f:id:fukuroko-ji:20190224144507p:plain

↑トップページから…

f:id:fukuroko-ji:20190224144525j:plain

↑【利用者登録案内】をクリックしましょう。

f:id:fukuroko-ji:20190224144556p:plain

 ↑すると、利用者登録の案内が出てきます。基本的には、こちらに書いてある流れのとおりに進めてもらえれば登録ができます。

 利用登録の最低限の条件としては、登録する各自治体に在住または在勤していること、口座振替できる銀行口座を持っていることが求められます。

スポンサードリンク

 

オーパス登録の実際の流れ〜OTFC管理人の場合〜

 私がオーパス登録に実際に行った流れは、

①登録書類集め

②銀行への口座振替申請

③施設で確認印を押してもらう

④申請書の送付

⑤登録カードの到着

です。それぞれについて流れを説明していきます。

①登録書類集め

 まずはオーパス登録に必要な書類を集めていきます。必要な書類は…

①利用者登録申請書(各施設で配布。ダウンロードも可能)

②顔写真

③本人確認書類(免許証やマイナンバーカードの写し)

④市内在住の場合は住民票の写し。市内在勤の場合は在勤証明書

です。

 ①の利用者登録申請書については、各施設で配布されているものをもらってくるか、オーパスサイトからダウンロードして利用します。ダウンロードはこちらのリンクの一番下から可能です。

 ②と③はそのままです。

 ④についてもそのままですが、私は在住が大阪市ではなく、市内に在勤であったため、在勤証明書を会社に提出し、必要事項の記載を得ておきました。難しい書類ではないので、会社の総務などに事情を説明すれば手配してもらえると思います。

②銀行への口座振替申請

 ①の利用者登録申請書には、銀行への口座振替申請書もついているため、こちらにも必要事項を記載し、銀行の窓口が開いている時間に銀行で手配します。銀行でハンコをもらってくれば完了です。

スポンサードリンク

 

③施設で確認印を押してもらう

 ①と②の書類を集めたら、各施設事務所等の窓口に提出し、書類の確認を得たらハンコをもらいます。各施設事務所等の住所等はこちらからご確認ください(各施設と、それらを管理している事務所等の所在地は異なる場合がありますので、必ず電話で確認してから訪問してくださいね)。

 ちなみに、私は扇町公園事務所で手続きを行いました。

④申請書の送付

 全ての書類の記入と押印が完了したら、書類一式を大阪市スポーツ総合情報センターに送付します。

⑤登録カードの到着

 書類送付から2周間程度でオーパスカードが送られてきて、ようやく登録完了です。

f:id:fukuroko-ji:20190224151543j:plain

↑こんなカードが届きます。

スポンサードリンク

 

オーパス登録を終えて

 実は私は大阪市のオーパス申請をする前に、在住自治体のオーパス申請も行った経験がありました。大きな流れは変わりませんでしたので、実際の手続きはスムーズでしたが、正直なところ面倒ではあります。

 一番の難関銀行への口座振替申請でしょうか。なかなか平日の15時までに銀行で手続きを行う、というのは仕事との兼ね合いから難しい人もおられると思います。

 また、同様に各施設のハンコをもらいにいくのも面倒ですね。お住まいや職場の近くに施設があれば比較的楽ですが、そうでない場合はわざわざ出向く必要があります。しかし、こちらは施設によりも営業していたりしますので、銀行ほど難しくはありません。

 

 何かと面倒なオーパス登録ですが、これさえ完了してしまえば安価に公営コートをレンタルすることができます。うまく活用できれば面倒な分の見返りは大きいと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 今回紹介したのはあくまで大阪市の申請の場合です。手続きの必須事項や流れ自体が各自治体により変わる場合もありますので、必ず事前に問い合わせなどで確認してから申請を開始してくださいね。