大阪テニスファンクラブ 〜草トー・大会の参加者レベルレポート〜

関西(大阪)で行われるテニス大会・草トーなどの参加レベルなどの情報をお伝えします。

管理人が2018年に出場したテニスの草トーナメント・大会まとめ

 

こんにちは、OTFC管理人です。

 

ついに2018年も終わりです。

この1年は、10年ぶりのテニス再開後、はじめて様々な一般の草トーナメント・大会に出場した年でした。

最初の頃は参加者のレベルがわからず苦労したことを覚えています。

それが、現在のこのブログを立ち上げたきっかけにもなっています。

 

さて、今回は2018年の総ざらいとして、この1年間で出場した草トーナメント・大会について、手元の記録ノートを見返しながら振り返っていきたいと思います。

 

各草トーナメント・大会の詳細については以下をご覧になってください。


 

4月 コスパ神崎川 初級シングルス

 リーグ ①6−4

     ②6−2

     ③3−6

 2位トーナメント ①2−6 敗退

 

5月 コスパ神崎川 初級シングルス

 リーグ ①6−2

     ②6−2

     ③6−3

 1位トーナメント ①6−3

          ②2−6 【準優勝】

 

6月 新日本スポーツ連盟 初級者大会 シングルス

 リーグ ①4−6

     ②6−3

 1位2位トーナメント ①6−2

            ②2−6 【ベスト4】

 

8月 寝屋川公園平日男子シングルス オープン

 リーグ ①6−3

     ②2−6

 2位トーナメント ①2−6 敗退

 

8月 万博テニスガーデン 日曜男子シングルス オープン

 リーグ ①1−6

     ②4−6

     ③1−6

     ④6−4

 4位戦 6−1

 

8月 大阪市テニス協会 初級者シングルス

 トーナメント ①5−1

        ②5−2

        ③5−1

        ④5−1 【優勝】

スポンサードリンク

 

9月 新日本スポーツ連盟 初級者大会 シングルス

 リーグ ①6−1

     ②6−1

 1位トーナメント ①6−3

          ②1−6 【準優勝】

 

9月 コスパ神崎川 初級シングルス

 リーグ ①6−2

     ②5−6

     ③6−0

 1位トーナメント ①6−3

          ②1−6 【準優勝】

 

10月 保険組合テニス大会シングルス

 リーグ ①6−0

     ②3−6 リーグ2位通過

 トーナメント ①3−6 【ベスト8】

 

10月 保険組合テニス大会ダブルス

 リーグ ①6−1

     ②2−6

     ②6−3 リーグ2位通過

 トーナメント ①3−6 【3位】

 

10月 守口市民大会シングルスB級

 リーグ ①6−0

     ②0−6 リーグ通過できず敗退

 

11月 新日本スポーツ連盟 初級者大会 シングルス

 リーグ ①6−1

     ②0−6

 1位2位トーナメント ①2−6 【ベスト8】

 

12月 鶴見緑地MTS 初級男子シングルス

 リーグ ①6−3

     ②1−6

 トーナメント ①2−3(Ret.)

        ②2−6 【ベスト4】

 

勝率 シングルス

13大会に出場     

通算 26勝 20負 勝率.565

優勝:1回 準優勝:3回 

ベスト4:2回 ベスト8:2回

 

勝率 ダブルス

1大会に出場     

通算 2勝 2負  勝率.500

3位:1回

 

このような結果となりました。

とりあえずシングルスでは勝率5割以上をキープできたことと、1度優勝できたことが嬉しかったです。 

 

勝率.565というと、2018年のATPツアーで例えるならば、

ディエゴ・シュワルツマン(33-25 .569)

 

グリゴール・ディミトロフ(24-19 .558)

 

デニス・シャポバロフ(38-25 .555)

 

このあたりと同じ勝率になります。(プロの成績と比較する“プロごっこ”、めちゃくちゃ楽しいのでみなさんもぜひやってみてください!)

 

2018年の反省

今年の反省としては、

・チャンスボールをミスしすぎる

・急にダブルフォルトを連発する

・集中力がしばしば欠ける

・緊張で足が動かなくなる

・フットワークが悪すぎる

といったことが思い出されます。

唯一優勝できた大阪市の大会なんかは、これらの反省点は改善されていました。

これらの反省点は、そのまま来年の目標・改善点としたいと思います。

 

また、今年得たものとしては、

・優勝した経験

・バックハンドの安定

・サーブの安定

といったことがありました。

 

今年は草トーナメント・大会に出始めた年ということもあり、初級クラスの大会をメインに出場していましたが、来年は中級以上のクラスへの出場も視野に入れつつ、今年以上の勝率・優勝回数を目指していきたいと思います。

 

草トーナメント・大会への出場は、自分のテニスの力を測るためにも、またテニスを続けるモチベーションにもなります。

まだ参加したことのない方は、来年こそはぜひご参加を。

すでにご経験のある方は、私と一緒により良い戦績を目指して。

一緒に頑張っていきましょう。

 

2018年は大変お世話になりました。

当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。

来年も、OSAKA TENNIS FUN CLUBを何卒よろしくお願い申し上げます。