大阪テニスファンクラブ 〜草トー・大会の参加者レベルレポート〜

関西(大阪)で行われるテニス大会・草トーなどの参加レベルなどの情報をお伝えします。

テニスオフの募集レベルについて

こんにちは。OTFC管理人です。

当ブログでは、「テニスオフとは?」と題して、テニスオフの説明と登録方法、実際のオフ参加方法などについてご紹介してきました。

すでに実際にテニスオフに参加された方もいらっしゃるかと思いますし、これから参加するという方もいらっしゃるでしょう。

 

テニスオフに参加を始める&検討しだすと出てくるのが、

募集要項に書いてあるレベルは実際どのレベル?

という疑問ではないでしょうか。

 

「初級って書いてあったけど、行ってみたら上手い人達ばかりで足手まといになった…」

「上級で募集をしていたのに、行ってみたら初級者ばかりでコーチみたいなことをさせられた」

ということにならないように、今回は「テニスオフ参加レベルの目安」についてお話したいと思います。

 

 

テニスオフで言う各レベルってどのくらいのレベルなの?

テニスオフでは、オフのタイトルや説明欄に「初級」とか「中級」といった記載があることがほとんどです。

要は、「記載しているレベルの人が参加対象者」ということなんですが、気になるのは

「その初級とか中級って、どのくらいのレベルよ?」

ということですよね。 

こればかりは主催者の方の認識にもよるので難しいところはありますが、私がこれまで経験(見学)してきた印象では…

・ビギナー→テニスを始めたばかり人もいる。スクールレベル初級程度。

・初級→かろうじてラリーができる(ロブでつなぐレベル)スクールレベル初中級程度。

・初中級→ラリーはできるがスピードは遅い。ゲームではウィナーはほとんどなく、ミスでポイントが決まることがほとんど。スクールレベル中級程度。

・中級→ゲームではウィナーも出始める。サービスエースはほとんどないが、ストロークではコーナーをつくボールが出始める。スクールレベル中上級程度。

・中上級〜上級→ウィナーがバンバン出る。中級オフで無双できる人が行くところ。上級は学生時代バリバリやってた人向け。

こんな感じでしょうか。

要はですね、

スクールレベルの一つ上のクラスがオフの参加クラスの目安

と思っていただければだいたい合っていると思います。

つまり、

・オフで初級の募集であれば、スクールレベルでは初中級程度

というような感覚ですね。

具体的にオフのレベルが見たい場合はYoutubeを活用する

「そんなこと言われても、スクール通ってないからスクールレベルがわかんないよ…」

「もっとわかりやすい指標はないの?」

というのは、ごもっともなお話です。 

 

最近では、オフの様子をYoutubeにアップしている人もチラホラ出てくるようになりました。

Youtubeで

【テニスオフ 中級】

とかで検索をかけると、実際の中級オフのプレイが見れるので、参考にするといいでしょう。

↑例えばこの動画だと、中級前後で募集をかけられているようです。私が過去に参加した中級オフのレベルイメージと近いです。

 

テニスオフでの募集パターン

テニスオフでは、実際にどのような形で募集レベルを設定しているのでしょうか。

よくあるパターンは

①初級や中級などピンポイントでレベル分けして募集しているパターン

②中級“以上”と中上級“以下”というように最低・最高レベルを設定しているパターン

③オープン(レベル関係なく誰でも参加できる)パターン

「初級から上級までさまざまご参加ください!」みたいなパターン

大別するとこのあたりでしょうか。

 

①や②の募集パターンの場合は、シンプルに自分のレベルに合わせたオフに参加してください。たまに募集レベルに見合わない上手い人がいたりしますが、自分より上手い人とプレイするのは上達のこれとないチャンスだとポジティブに捉えましょう。

③のようなオープン募集の場合は、基本的に中上級〜上級のオフであることが多いです。中級以下の方は参加しないほうがベターでしょう。

④のパターンは、主催者がサークル運営やグループでのオフを開催しているケースが多いです。そのため、すでに主催者側に様々なレベルの参加者がいるので、こういった形の募集になっているのでしょう。あまり気にせず、気軽に参加すればいいと思います。

(※これらはあくまで私の主観ですのであしからず)

スポンサードリンク

 

 

NTRP値という指標

これまでお話してきたテニスオフにおけるレベル分けですが、某知恵袋などでも類似の質問が度々出て、回答も回答者によりマチマチというカオスな事態になっています。

こうなってしまうのも無理はありません。プロのようにランキングがあれば自分の強さがわかりやすいですが、我々のような一般プレーヤーでは自分の強さを表す正確な指標がないのです。

 

テニスオフのサイトには、一応の指標として

NTRP値

という指標が掲載されています。これは全米テニス協会評価プログラムが提唱している指標で、この指標を目安に募集をかけているオフも散見されます。

f:id:fukuroko-ji:20181205223939p:plain

見ていただければわかりますが、この指標も個人によって捉え方が異なるため、自分の正確な数値を知ることは難しいです。

本来であれば正式な判定員に判断してもらう必要があるとのことですが、そんな判定員いねえよ!

ある程度正確な自分のNTRP値が知りたければ、これもYoutubeで

【NTRP 4.5】
とかで調べると、それっぽい動画が出てきますので、参考にするといいでしょう。

おわりに

以上が、ざっくりとしたテニスオフの募集レベル解説になります。

上でもお伝えしたように、テニスオフでは主催者や参加者によりレベルの認識が異なるため、例えば同じ中級募集であってもオフが異なれば大きくレベルが違うということも少なくありません。

実際に何度か参加して、雰囲気をつかむことが一番だと思います。

動体視力を鍛えるメガネ
【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト  

↓ぜひクリックして応援してください。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村