大阪テニスファンクラブ 〜草トー・大会の参加者レベルレポート〜

関西(大阪)で行われるテニス大会・草トーなどの参加レベルなどの情報をお伝えします。

このブログについて

OSAKA TENNIS FUN CLUB(OTFC)へようこそ。

 

このブログは、テニス愛好家である私、OTFC管理人の日々のテニスに関する活動や思いを書き残していこうと思い作成しました。

 

私は中学校でソフトテニス、高校で硬式テニスをしていました。以来10年程度テニスから離れる期間がありましたが、2017年からテニススクールに通い始め、テニスを再開しました。

 

社会人になってテニスを再開してみて感じるのは、練習はテニススクールに通えばいいのですが、大会・試合となると、どの大会に出ればちょうどいいレベルなのか分からない、ということでした。

 

学生の頃は、県大会など決まった大会に学校として申し込み、生徒は必然的に出場します。いわば選択肢がない状態なわけです。

 

それが社会人となると、まず大会・試合を行っているテニススクールや団体を探すところから始まります。それだけならいいのですが、やはり各大会のレベルというのは気になるところでした。(いざ出てみて、あまりにレベルが違いすぎて恥をかきたくない…みたいな気持ちは皆さんお持ちだと思います)

 

最近ではどんな情報でもインターネットに潜れば見つかるものですが、草トー大会のレベルや体験記というのはなかなか見つかりません。

 

 

「じゃあ、自分で手当たり次第出場してみて、それをブログにすれば、当時の僕のような人に有益な情報になるんじゃないの」

 

このブログは、そんな気持ちで始めるブログです。

 

 

 

 

ここ数年、日本のテニス界は大きく変わりました。

 

錦織圭選手が世界のトップ4に入ったことを皮切りに、立て続けに日本人男子のツアー優勝がありました。

 

ツアー優勝は、錦織圭選手以前は松岡修造さんまで遡らねばならなかった、それほど日本人男子にとって手の届かない記録だったのです。

 

それがこの2017〜2018年で杉田祐一選手、ダニエル太郎選手、西岡良仁選手が立て続けにツアー優勝を果たしました。

 

ダブルスにおいてもマクラクラン勉選手、内山靖崇選手の活躍があります。

 

女子では、言わずもがな大坂なおみ選手の全米オープン優勝がありました。

 

これらの影響を受けてでしょう。私の通っているテニススクールの生徒もどんどん増えています。

 

 

それでも、自分で自ら大会に出る、という人は、まだそこまで多くないように思います。

 

そこには、前述の各大会のレベル分けという闇があると考えています。

 

 

 

今後、随時私が出場した草トー・大会のレポートなどを更新していきたいと考えています。

 

私が現在メインで参加している草トー・大会は、

初級〜中級シングルス

です。

このブログの内容も、そのあたりに集中すると思います。

 

このブログを読んで、大会参加へのハードルを少しでも低く捉えていただき、ゆくゆくはみなさまの大会参加の後押しとなり、より日本に、大阪にテニスが定着すればいいと考えています。

 

私自身が男ですので、各大会レポートは男性目線になりますこと、あくまで各大会レポートは私の参加当時の話であることをご容赦いただけましたら幸いです(特に大会申込についてなどは間違いのないようにご自分でしっかりご確認ください)。

 

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2018.11.11  OTFC管理人

 

 

↓ぜひクリックして応援してください。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村