大阪テニスファンクラブ 〜草トー・大会の参加者レベルレポート〜

関西(大阪)で行われるテニス大会・草トーなどの参加レベルなどの情報をお伝えします。

【はじめてテニスの草トー、大会に出る人へ】

はじめてテニスの草トー、または大会に出る際には、いろいろと注意があります。

私自身、中高とソフトテニス・硬式テニスをしてきましたが、社会人になってからのテニスは結構勝手が違って戸惑いました。

 

私が戸惑ったポイントを中心に以下に列挙しますので、出場前にご覧ください。

 

◯試合前の練習

 大会によるが、基本的にはサーブ4本のみ。試合前には十分にウォーミングアップをしておきましょう。

 

◯セルフジャッジ

 基本的には審判はついてくれません。自分のコートのイン/アウトは自分で判定します。明らかなアウト以外はインとしてプレーを続行するのがマナーです。

 

◯ノーアド

 ノーアドバンテージの略。要は40-40になったときに、プロの試合などではデュースとなり2ポイント先取しなければゲームが決まらないが、ノーアドバンテージの試合では40-40になった場合次のポイントでゲームが決まる。

 なお、40-40の次のポイントは、リターン側がサイド(フォア側かバック側)を選択できる。

 

◯フットフォルト

 サーブが入らない場合はフォルトになりますが、サーブを打つ前に足がコートの中に入ってしまった場合も厳密にはフォルトになります。

 これを守れていない人が非常に多いです。体感では半分くらいの人がフットフォルトを気にしていません。

 実際試合でフットフォルトをしても何も言われないでしょうが、破っていいルールはありません。きっちり自分で守れるようにしましょう。

 

動体視力トレーニングメガネ

↓ぜひクリックして応援してください。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村